オウンドメディアの効果を最大限発揮するための運用フローのつくりかた

ランサーズディレクター田畑です。 インターネットの発達により、スタートアップに中小企業などでも自社でメディアを抱えることが可能な時代となってきました。 そこで以前オウンドメディアを活用している、国内の企業をまとめた記事を公開しました。 今回はオウンドメディアの運用フローの構築方法について解説していきます。   オウンドメディアの運用を正しく行っていくためには、初めの『構築』が重要になってきます。 初めの『構築』をしっかりとおこない、次に『運用』のフローを設計することで運用の目的・オウンドメディアを行う目的が明確になります。 そこでまずはオウンドメディアの構築から初めていきましょう。  

オウンドメディア構築

オウンドメディア

1.オウンドメディアの目的を決める

「ネットのブログサービスで簡単にサイトが作れるから、とりあえずオウンドメディアを作ってみた!」 これではオウンドメディアを”なぜ”やっているのかがわかりにくくなり、次第にオウンドメディアを運用しなくなってしまいます。   そこでまず最初にオウンドメディアはなぜやるのか、なぜやるべきなのかを明文化していきましょう。

  • 採用活動へつなげるため
  • 自社サービスのSEO向上をするため
  • メディア事業単体での収益を確保するため
  • 主力事業への問い合わせを増やすため
  • 会社のブランディング向上

など   オウンドメディアを運営する目的というのは、運営者それぞれによって変わってきます。 その目的に従って「カテゴリ設計」や「コンテンツ設計」を行っていきましょう。  

2.KPI(重要業績評価指数)を設定する

オウンドメディアを運用する際に必ず設定しておきたいのが、KPI(重要業績評価指数)です。 ただ単に記事を更新するだけでは、オウンドメディアの目的は達成することができません。 そこで目的を達成するために必要なKPI設定を行って、オウンドメディア運営を強固なものにしていきましょう。   注意したいのは、KPIを記事数などと曖昧なものにしないようにしましょう。 自社サービスのSEO向上目的でブログを運営しているのに、関連性のない会社の日記記事を毎日投稿していると目的達成から遠ざかってしまいます。 上記の例であれば、自社サービスに関連する内容の記事を毎月○記事という風に具体性をもって設定しましょう。  

3.更新数を決める

更新がされていないメディア程、人も検索エンジンも離れていってしまいます。 そこで毎月最低○記事は投稿するという基準を設けておくことをおすすめします。 もしくは社内の業務として、記事更新を組み込んだりしてもいいかもしれません。 そうすることである程度の更新数は確保することができるので、目的の達成へと近づいていくでしょう。  

4.投稿者・編集者(担当者)を決める

会社によってオウンドメディアの立ち位置・温度感は違っていて、オウンドメディアに関わる人数も左右されるでしょう。 しかし投稿者と編集者の2人は必ず必要といえます。 投稿者(ライター)が記事を書き起こしますが、その記事をレビューする編集者が記事作成者以外の意見や、文章校正の見直しや誤字脱字の修正を行うことで記事のクオリティが向上します。 そのため最低でも投稿者と編集者の担当者だけは決めておくことをおすすめします。     以上がオウンドメディアを構築するために、予め決めておきたい項目になります。 しかし状況によってオウンドメディアの目的が変わることがあるかもしれません。 その際は状況に応じて構築の見直しを行って、最適な体制を築いていきましょう。  

オウンドメディア運用フロー

ライティング オウンドメディアの構築を行った次は、オウンドメディアの運用フローを決めなければなりません。 運用フローも最初に決めておいて、後から最適化していくことの方が向いているでしょう。

1.記事案を出す

まずは記事の案を出していきましょう。 投稿者と編集者、もしくは記事投稿の最終判断者で話し合って記事案を出すパターンと、投稿者が予め書きたい内容をリストアップして出して書くパターンがあります。 前者の場合であれば、今回の記事はこういったのでいきましょうと、最終判断者の決断がすんなりとなります。 後者の場合であれば、ライターが実際に投稿したい内容、頭にある内容があるためライターのスピードが早くなるというメリットがあります。   ちなみにこのディレクターブログでは、ChatWorkにてディレクターブログ更新用のチャットが存在しています。 そのチャット内で記事内容の話し合いが行われたりしています。  

2.記事を作成する

記事案からどのような内容の記事を書いていくかが決定したら、実際にライターが記事を書いていきます。 最低文字数や文調などを予め決定しておくことで、後ほどのレビュー作業や編集作業が楽になります。 また調査しながらライティングを行うこともありますので、ここはライターがやりやすい形を取るのがベストといえるでしょう。  

3.タイトルを決める

記事タイトルを最初に決めておいて、記事を作成する場合と後から記事を作成する場合があるかと思います。 こちらは記事案を出す際に決定をしたりしてもいいでしょう。 タイトルは記事を見るか、見ないか大きく左右されてしまうポイントの一つなので、じっくりと考えていく必要があります。   オウンドメディアですので、普通のブログと違いタイトルに制約ができたりするかもしれません。 そのためこれはOK、これはNGといった単語を決めておきましょう。  

4.レビュー(確認)・編集をしてもらう

ライターが実際に文章を作成したら、実際に文章を書いた人以外が確認を行いましょう。 実際に見るべきポイントは、

  • 構成
  • 誤字脱字
  • 内容

など 他にも「こここうしたほうがいいんじゃない?」というアイデア等を出し合ってクオリティを上げていきましょう。  

5.記事を投稿

実際に記事が完成したら、メディアに記事を投稿しましょう。 記事の対象者を意識して、最適な時間に投稿することをおすすめします。   例えば、サラリーマンに見て欲しければ通勤中の電車を想定して、朝の7時や夕方の18時などの時間に更新をしていくことをおすすめします。 また休日には投稿しないなどの決まりを決めるのもひとつの手です。  

6.SNSに投稿

実際に記事を投稿したらTwitterやFacebookなどのSNS媒体で記事を拡散しましょう。 記事は見られなければ価値を出しません。 ですのでまず周りの人から記事を閲覧してもらうように、SNS拡散は必ず行っていきましょう。     いかがでしたでしょうか。 オウンドメディアは運用の仕方によってSEOやエンゲージメント向上・採用などに大きく関わってきます。 設計をしっかりと行い、オウンドメディア運用を行っていきましょう!  

ランサーズでは一緒に成長したい人を募集中!

一緒に企画を作っていくディレクターの方、技術力を磨きたいエンジニア・デザイナーの方、新規事業でビジネススキルを身につけたい方。 ランサーズで一緒に働きませんか? 下記URLよりご応募ください。 ランサーズ株式会社|募集要項   日本最大級のクラウドソーシング「ランサーズ」はこちら!

この記事を書いた人

田畑Twitter:@hayato_ts
Webサービスディレクター、グロースハックチームディレクター
以前はメディアを複数運営していました。
ディレクターブログのメイン更新担当として日々更新していきます。
趣味でサイトをいくつか運営しています。

関連記事

成功事例から学ぶ!業界別国内オウンドメディア事例まとめ

ランサーズディレクター田畑です。 最近『オウンドメディア』という、企業が所有するメディア媒体というも

記事を読む

エンゲージメント向上!サービスで使えるゲーミフィケーション事例9選!

ディレクターブログ更新担当・田畑です。 皆さん人生で一度くらいはゲームをプレイしたことがあるのではな

記事を読む

Webサービスで使われるポップアップ12選【UIデザイン】

ランサーズでは、ディレクターがUI設計を行い、その上でデザイナーさんがより良い物を作り上げるという方

記事を読む

新入Webディレクター必見!ディレクターが抑えるべきメディア16選

今回はWebディレクターを目指している方や、将来Webで起業したいと考えている方にも参考になると思う

記事を読む

Webサービスで使われるお気に入りボタン11選【UIデザイン】

ランサーズディレクター田畑です。 ランサーズでは、ディレクターが細かい箇所までUI設計を行い、その上

記事を読む

Webディレクターが憶えておきたいMySQL構文の参考サイト

ランサーズディレクター田畑です。 Webディレクターが企画・施策を検討するにあたって必要な数値の取得

記事を読む

Comment

PAGE TOP ↑